忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ステマ


先日、ステルスマーケティングでyahoo!JAPANの知恵袋が使われていたという記事を書きました。yahoo!JAPANの知恵袋以外にも、相談サイトや質問サイトはたくさんあります。友人の出産祝いに何がいいかなぁと検索していて、やはりそういう相談サイト、質問サイトが検索結果の上位に表示されていました。とりあえず、検索結果の1位に表示されていた相談サイトを覗いてみました。すると、質問に対して普通の回答が多かったです。が、色眼鏡で見ているせいか、事細かに商品名、会社名が書いてあると、そこの社員?!と疑いながら読んでしまいます(笑)、回答者の方は親切心で事細かく詳しく教えてくれているのでしょうが、このように疑われてしまうようになりましたね・・・。芸能人が加担していたというのも、ファンからしたらショックは大きいでしょうしね・・・。ステルスマーケティングといっても、いい商品ならいいと思うのですが、そうではないことが多いようです。

SEOサービスの料金は弊所が指定、逆SEO対策サービスでは御客様が指定

退行催眠サイト
退行 催眠

両サイト(複数サイト)で記述が重複すると危険な箇所。Title重複は?
各キーワードで最適化されたコンテンツ群を用意すれば安定1位表示可
ページ遷移無しで検索ユーザーの問題解決する複製文章URLは評価高い
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
重複コンテンツ(非正規コンテンツ)対策。メタタグnoindexが効果的
スピード感求められる事業に向くキーワード広告。短期的成果は広告で
被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
SEO業者との連絡に検索エンジン会社運営の無料メール使うな。情報漏れ
発リンクよりも被リンクの方が検索順位に大きな影響与える
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
コンサルタンツの武器はコンサルティング。被リンク対策Setで1位表示
旧時代(昔)の被リンクが多く付いていると順位上げるのに大変苦労する
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
ムーアの法則に乗ってGoogle検索エンジンは進化。能力は2年で倍増
PR

ヤフオク


yahoo!JAPANが、ヤフーオークションの名称を変えました。変更後の名称は、ズバリ!!!「ヤフオク」。なぜヤフオクと略した名称にしたのだろう^^;。ロゴも変わっています。yahoo!JAPANと言えば赤。カラーイメージは赤です。なのに、刷新後のヤフオクのカラーは黒。なんかしっくりこない・・・(涙)。これまた慣れなんでしょうね・・・(笑)。検索方法もだいぶ変わっています。タブレットやモバイルからの検索はちょっと大変でした。ページ内の表示件数が20件。パソコン版で検索をすると100件表示できるので、モバイル版で検索をすると100件表示できるので、タブレットで探す時は、パソコン版にして検索をしています。最近のオークション新品のブランドの服が出品されていて、定価で買うよりも大分安いので、オークションを利用する機会が増えました^^。そのせいか戦いもすごいので、人気のブランドだとなかなか落札できませんが・・・(涙)。

池袋のカウンセリング屋さんHP
池袋 カウンセリング

URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
キーワード広告は会計年度中に回収可能な「費用」、SEOは年度跨ぐ「投資」
「不動の1位表示」望むなら万年一位の「王者に相応しいコンテンツ」必要
オリジナル部分・コンテンツにキーワードを十分記述するとSEO効果大
新規の独自ドメインでも直ぐに検索エンジン経由の「集客数」増やせる。中古ドメイン不要
SEO集客成功の決め手は戦略。戦理・競争の原則に基づいた弱者のSEO戦略
Googleアルゴリズムの特徴。特徴に沿ったコンテンツと被リンクは効く
「被リンクの質」とは何か?質低い独自ドメイン、質高い無料ドメイン
競争激化で上位表示に要する期間長くなる。年々厳しさ増すSEO競争
SEOサービス利用終了後に設置済み被リンク群を剥がす事も可。有償解除
Yahoo!検索アルゴリズムUpdateとYahoo!検索Index Updateの違い。米YSTとの比較
Googleページランクは検索順位に影響を与えるか?影響するが小さい
Google Webマスターツール最適化と検索エンジン最適化は違う。SEOとは
関連性有る(関連性高い)記事に被リンク設置不要。関連言及は効果大
一定期間毎に変わるGoogle検索アルゴリズムのパターン。順位変動原因

価値観


人によってとらえ方が違うのでおもしろいなぁと思ったと同時に、一般人同士のとらえ方が違う分には、こう思う人もいるんだなぁで終わります。ですが、国を背負っている人や、会社を背負っている人のとらえ方が違う場合は大変なことになるのではないでしょうか。「2年」。この「2年」を長いと捉えますか?短いと捉えますか?。ラジオで、ある大手企業の経営計画で「2年という中期で・・・」という発表をしたというニュースが流れました。弊社ではその時、いや、2年は短期でしょ(汗)という意見が飛び交っていました。大手の企業なのに2年wお中期と発言するとは・・・。ちなみにパナソニックです^^。パナソニックは2015年までの中期経営計画を発表しました。企業での2年は中期ではありません。うちも短期だと思います。企業が2年で何ができるというのか。個人の2年とは違います。頑張っているのは分かりますが・・・。挙げられていた施策は2年で達成できるか微妙な内容の気が・・・^^;。

SEO対策の実力。そろそろ「SEO兵器」レベルに達しつつある弊サービス群
検索圏外に落ちない中長期的SEO集客の土台を築くには?内部&外部SEO
毎月SEO料金の範囲内で設置可能な数だけ被リンク供給。被リンクの量
ペナルティは有料リンクでも発動せず。被リンクSEO技術の高低で発動す
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
競合サイトと比較して検索経由のアクセス流入少ない理由原因と解決法
印刷媒体プレゼンス低下、Web存在感。外部環境変化と広告宣伝費配分
一過性一時的な順位ダウン順位落ちを気にしていてはSEO対策はできず
順位上げ目的被リンクは全てペナルティリスク有。Risk管理と出口戦略
被リンクを外さない契約のSEOサービス。「被リンク解除の例外規定」
Google SEOの価値
複数サイトの共通部分が同じ記述でも不利益は受けず。コンテンツは?
Yahoo(=Google)検索は更新URLに対して得点を一時的に与える。ブログの定期更新はSEO対策になる
検索結果で上位表示され且つ人気ある商品であれば嫌でも「売れて行く」
キーワードに沿ったコンテンツが上位表示のカナメ。情報不足も不利に