忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

非難


ロイターの記事に、中国のネット利用者が、アップルたたきをしている国営メディアを非難しているというニュース。中国の国営テレビがアップルの製品保証に問題があるとの批判に対して、中国のネット利用者が、この中国の国営テレビを非難する声が続々とのことです。挙げ句には、中国の人民日報の論説で、アップルには他に例を見ない傲慢さがあるとの記載があるそうです。中国とアップルの間で何があったのでしょうね(汗)。しかし、中国のネットユーザーは、アップルは良い企業、中国政府は無能とインターネット上ではこのようなコメントがあるそうです。他にも、人民日報がアップルに嫉妬しているなどなど。この一環の流れを見たアナリストは、インターネット上での当局の情報統制力が弱まっている証拠だと分析しているそうです。確かに気になっているからアップルのことを調べるでしょうし、負けたくないから叩いてしまっているのかもしれませんね・・・。叩いてばかりいないで、自分たちの能力を高める努力もしなければなりません。

SEO業者選びのコツ。経験値と未来予測能力が重要。知識と技術は当り前
キャバクラ系とアダルト系のSEO対策。キャバは全部、18禁は一部対応可
「コンテンツ役立ち度」は「独自性」より大事。Googleの内部SEO対策の勘所
被リンク対策は「時間分散」が重要。被リンク設置時期の分散で自然化
ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
Google検索順位大変動。ペンギン2で被リンク緩和。再度被リンク寄りにアルゴリズムアップデート
ビジネスブログの記事。ブログは「質」を固定、ミニブログは「量」を固定。ブログは必ず独自ドメインで
順位が安定するURL。コンテンツのキーワード最適化と情報量がカギ
メインサイトは集中させる、サテライトサイトは分散させる
「不動の1位表示」「不動の上位表示」を達成する方法やり方・SEO対策流れ
もう少しで分散したメインSEOブログ群の完全引越し(集中)が完了。脱SNS、ブログ集中の独自路線
被リンク競走で勝ち続けられるようSEOサービス設計。被リンクの質と量
「質の低い被リンク」が数千数万と付けばマイナス評価もそれだけ大きく

大阪市の王将のメニュー情報
大阪 王将 メニュー
マクドナルド 値段
マクドナルド メニュー
PR

詐欺


東京新聞を読んでいて、世の中色々な詐欺があるもんだなぁ・・・と思いました。ある年配の男性の話でした。男性の電話はナーバーディスプレイなので、怪しい電話には日ごろから出ないようにしていたそうですが、ある日、うっかり出てしまった。すると電話口の相手は注文をした覚えのない商品の話し始めたのだそうです。男性は身に覚えがないん尾でただただ驚くばかり・・・。挙げ句には定期購入の契約を申し込まれていますが、定期購入じゃなくても可能だと言いだす始末・・・。男性はきっぱりと断ったら、電話の相手は分かりましたとガチャンと切ったそうです。失礼な切り方だな(怒)。男性が毅然とした態度で対応したのが、この詐欺を回避できたのです。身に覚えがないとわかっていれば大きく出ることが出来るのでしょうが、今出がネットショッピングが当たり前の時代ですし、いつ何を買ったかうろ覚えの人が多いと思います。そんな電話を受けてしまったら、「確認して折り返します」と一回切るべきかもしれません^^。

被リンク対策は被リンクSEO技術と外部対策経験値・経験量がものを言う
内部対策ではページ自体の修正や再作成は必須。やらないなら負け確定

ヒプノセラピーサービス、池袋店
ヒプノセラピー池袋

中小検索エンジンのリンクだけでも被リンクSEO技術次第で上位表示可
文章量の少ないコンテンツがサイト内に多いと順位ダウン。パンダと量
多くの城(勝てるキーワード)押さえて収入途絶えない状態作るのが先決
引越し元の1代目「トンちゃんYahoo SEO対策ブログ」がヤフー検索で「Yahoo SEO」1位を取ってしまった
Google SEO対策と衛星サイト更新
重複コンテンツ放置によりWebサイトに齎されるSEO集客「不利益」2つ
脱SNSで使える時間は大幅増。SNSは時間とエネルギーを大量に食う。脱SNSでSEOに時間を回す
コンテンツからの発リンクはNO(nofollow付)、サイドバーからの発リンクはOKな無料ブログ
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
各国Googleのベース(検索アルゴリズム)は同じ。英語圏SEOも対応可
Google、「マイナス評価」導入と「コンテンツ優先・被リンク劣後」へ軸転換
Bing検索でも順位を上げておいた方が良い。NAVER検索は現時点では無視で大丈夫
2011年~2013年は検索世界の変り目。この期間挟んで旧時代と新時代に